クルミのロースト方法

くるみをローストする理由

くるみ(胡桃)をローストする理由は「味と食感を良くするため」です。簡単に言うと”美味しくする”ためです。

特に生クルミの場合は、そのまま食べると味が淡白ですので美味しく食べるにはローストが必要です。また乾燥させていない生クルミの場合はカビが繁殖しやすくなっていますので、安全性を確保するという理由からもローストする意味があります。

乾燥クルミはそのままでも十分食べられますが、一般的にはやはりローストした方が美味しいと言われます。

くるみをローストした場合の栄養価

くるみ(胡桃)をローストすると美味しくなるのは間違いありませんが、栄養価が下がるというデメリットがあります。

ローストするとビタミン類が減少、たんぱく質は凝固し、酸化も進みます。ですので栄養価を気にするのであれば生クルミをそのまま食べるのがベストです。

尚、ローストによって栄養価は下がりますが、抗酸化物質の含有量は逆に増えるという研究報告もあるようです。また、生クルミをそのまま食べると酵素抑制物質が含まれているため、栄養が十分に吸収できないばかりか、体に害になる可能性があるという説もあります。(その場合は7時間ほど水に浸けてから食べるとよいそうです。)

勿論、ローストしても全ての栄養素が無くなるわけではありませんので、長く食べ続けるためにはローストして美味しく食べるか料理の食材にするのが良いと思われます。

くるみのロースト(炒る)方法

くるみ(胡桃)のロースト方法(炒り方)には以下の2つがあります。

オーブンを使ってローストする。

  1. オーブンを150~160度ぐらいにセットする。
  2. 天板にクルミを重ならないように平ら並べる。
  3. 10~15分程度焼く。
    ※焦げないように焼き具合をこまめにチェックする。
  4. 火を止め、天板の上で少しクルミをかき混ぜてそのまま冷ます。
  5. 冷めたら完了。
  6. すぐ食べないかったり、料理にも使わない場合は早めに保存処理しましょう。
    保存方法はこちらを参照

フライパンを使ってローストする。

  1. 水気を完全に切ったフライパンを用意する。
  2. 油を引かずにクルミをフライパンの中に入れる。
    ※この時のクルミの量はフライパンの表面の半分が隠れる程度です。
    入れ過ぎるとムラができます。
  3. クルミが重ならないように広げる。
  4. 弱火で揺すりながら炒る。
  5. 香ばしい匂いがしてきたら火を止める。
    ※目安は5分ぐらいです。焦げないように注意してください。
  6. 予熱が残っているのでフライパンを時々さすって冷ます。
  7. 冷めたら完了。
  8. すぐ食べないかったり、料理にも使わない場合は早めに保存処理しましょう。
    保存方法はこちらを参照

この他、電子レンジを使ってローストする方法がありますが、ムラができて難しいのでお薦めしません。

また、栄養価の減少が気になる方は極力炒り時間を短くしましょう。

adsense

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

クルミの保存方法

一番気を使うべきはクルミの”酸化” くるみ(胡桃)の保存で重要なことは「酸化させない」ことです。

記事を読む

no image

販売されているクルミの種類

クルミは通常天日干しなどで乾燥させてから販売されていますが、主に料理や菓子など調理向けに乾燥させてい

記事を読む

no image

クルミの品種

クルミという名前は植物分類的に言うと、クルミ科クルミ属の植物全般を指します。クルミ科クルミ属には様々

記事を読む

no image

クルミの基本情報

クルミは堅い殻を持ったナッツ類の一種で、一般的に食用として利用されます。私達はクルミの実を割って中身

記事を読む

no image

クルミの殻の割り方

殻付きくるみはより新鮮に、そして栄養価も損なわず食べれるのでベストなのですが、なんと言っても<殻>を

記事を読む

adsense

adsense

no image
癌(がん)予防・抑制

くるみ(胡桃)などナッツ類は癌(がん)に効果的な食品として紹介されるこ

no image
アンチエイジング(老化予防)

くるみ(胡桃)の成分やその効能・効果を調べていると、その多くがアンチエ

no image
美髪促進

くるみ(胡桃)には美肌促進効果が期待できますが、同様に美しく健康な髪の

no image
美肌促進

くるみ(胡桃)は近年美容に良い食品として注目されることが多くなりました

no image
便秘予防・便秘解消

くるみ(胡桃)などナッツ類は便秘予防や便秘解消に効果的と言われます。こ

→もっと見る

PAGE TOP ↑