心筋梗塞の予防

くるみ(胡桃)は心臓病のリスクを軽減する食品と言われます。なかでも心筋梗塞の危険性を下げるのに効果的と考えられています。

心筋梗塞とは?

心筋梗塞とは心臓に血を送る冠動脈という血管に血栓などが詰まり、心臓の筋肉が損傷し心臓が動かなくなる病気です。心筋梗塞は致死率の高い病気で、医学の進歩により死亡率が減少した現在でも5~10%程度あると言われます。

心筋梗塞は突然発症する病気ではなく、食生活、生活習慣の乱れが積み重なって発症する病気と言われます。

何故、くるみが心筋梗塞に効果的なのか?

心筋梗塞の主な原因は動脈硬化です。動脈硬化症によって溜まったプラークが冠動脈を塞ぐこともあれば、狭くなって硬くなった冠動脈に血栓が詰まって心筋梗塞を発症します。

くるみはこの動脈硬化を軽減する効果があるため心筋梗塞のリスクを下げると考えられます。

くるみに含まれるαリノレン酸やリノール酸は動脈硬化症の要因である悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を減らす働きがあります。また、くるみに含まれるビタミンEやミリセチン、シリング酸、バニリン酸といったポリフェノール類、ルテイン、ゼアキサンチンといったカロテノイド類の抗酸化作用がこの悪玉コレステロールが過酸化脂質になるのを防ぎ、冠動脈の硬化や血栓ができるのを軽減します。

尚、リノール酸は適量であれば悪玉コレステロールを減らしますが、過剰に摂取すると善玉コレステロール(HDLコレステロール)も減らしてしまい、かえって動脈硬化のリスクが高まってしまいます。

くるみに含まれるリノール酸はαリノレン酸と理想的な配分で含まれているため、摂り過ぎになることはあまりありませんが、日常的に食べ過ぎたり、他の食品からリノール酸を多く摂取した場合は動脈硬化、しいては心筋梗塞のリスクが高まってしまうのでご注意ください。

 

adsense

最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

no image

血液サラサラ効果

くるみ(胡桃)に一番期待できる効果・効能と言えば「血液サラサラ効果」ではないでしょうか。くるみには血

記事を読む

no image

ダイエット

くるみ(胡桃)は高カロリーにも関わらずダイエットに効果的と言われることがあります。一時期、多くのお店

記事を読む

no image

疲労回復促進

くるみ(胡桃)にはビタミン、ミネラル、そして良質の植物性たんぱく質などが含まれており、栄養価が高いこ

記事を読む

no image

脳卒中(脳梗塞)の予防

くるみ(胡桃)には脳卒中の危険因子を軽減する要素があります。特に脳卒中の中でも動脈硬化が大きな要因と

記事を読む

no image

糖尿病の改善

くるみ(胡桃)は糖尿病の改善などに効果的と言われることがあります。これはくるみに含まれる成分等に糖尿

記事を読む

no image

肥満予防・改善

くるみ(胡桃)が肥満予防・改善に効果的というのは若干言い過ぎかもしれません。くるみは高カロリー食品で

記事を読む

no image

クルミの注意点・副作用

クルミが悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化などの危険性を下げるというのはクルミにα-リノレイン酸が含

記事を読む

no image

認知症予防・緩和

くるみ(胡桃)は古くから「ブレインフード」として知られています。ブレインフードとは日本語で「健脳食」

記事を読む

no image

血行を良くする

くるみ(胡桃)には血行を良くする、血流を促進する効果・効能が期待できます。ところで「血行が良い」状態

記事を読む

no image

美肌促進

くるみ(胡桃)は近年美容に良い食品として注目されることが多くなりましたが、そもそもくるみは古来から「

記事を読む

adsense

adsense

no image
プロアントシアニジン

くるみに含まれるプロアントシアニジンのまとめ プロアント

no image
エラグ酸

くるみに含まれるエラグ酸のまとめ エラグ酸とはポリフェノ

no image
植物ステロール(β-シトステロール)

くるみに含まれる植物ステロールのまとめ 植物ステロールと

no image
癌(がん)予防・抑制

くるみ(胡桃)などナッツ類は癌(がん)に効果的な食品として紹介されるこ

no image
アンチエイジング(老化予防)

くるみ(胡桃)の成分やその効能・効果を調べていると、その多くがアンチエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑